質屋坂

IMG_1031base-1024x683
 武蔵小金井駅を南に出て、小金井街道と連雀通りの交差点に行くと南西方向に一本の坂道が枝分かれしている。それが質屋坂である。
左右に軽くうねりながら、いわゆる国分寺崖線を降りて行く。かつては志木街道だったそうで、通り沿いに質屋があったのだと、立て札に解説がある。途中に鬱蒼とした木々に囲まれた古屋があって時代を感じさせる。

写真はその森を撮って、暗がりが見えるようにした物。

黒南風(くろはえ)や横断歩道の折れた枝

紫陽花の花引き倒す南風

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *